たまりば

  グルメ・料理 グルメ・料理  調布市 調布市


2018年01月06日

蒸しずし



これは、、

蒸しずし!です。

そもそも、おすしの季節は、

春や秋です。

寒い時期、冷たくなってしまうおすしは

向かないのですね。

蒸しずしは、その点出来上がってから蒸すので

温かいところを食べられるので、寒いこの季節の

メ二ューです。

すしの合わせ酢は、市販のを買うという人も

多いですよね。

酢と砂糖それに塩を、混ぜるだけで

さほど手間ではありません。

ただ、ご飯と混ぜ合わせるタイミング

それに、混ぜる状態をよく見極めて作らないと美味しくできません。

炊飯が終わり、蒸らしたら一気に半切りにあけます。

半切りとは、すしのごはんを混ぜる道具です。

飯切りとも書きます。

どちらが、正しいのか。。

一説には、、

桶を半分に切ったところから由来すると言われ

飯切りだと、ご飯を切ってしまうので誤りだと

言われます。

まぁごはんの量が少なければ、バットでもokです。

バットとは、長方形の立体のステンレス製やホーロー製の道具です。

そもそも、半切りが木製の理由はごはんの水分が冷めると同時に

蒸気になります。

木製だと適度にその蒸気を吸ッてくれます。

金属製だと、すし飯が水分を吸ってべとべとになってしまいます。

木製だと、これを回避できます。

ごはんが熱いうちに、すし酢を一気に混ぜます。

ここで、チョロチョロとかすし酢を小出しにいれないで

だーっとくわえます。

あとは木じゃくしで、これも手早く混ぜます。

もったりと、木じゃくしが重くなったら混ざった証拠です。

あとは、うちわで(多い量なら扇風機で・・冬なのでかたずいてますかね?)

仰ぎます。だいたい、人肌程度になればokです。

お好みの具を彩りよくのせて、蒸し器または電子レンジで蒸して

で・き・あ・が・りです。。

  • 同じカテゴリー(過去のお教室のメ二ュー)の記事画像
    たこと茄子の梅酢和え
    茄子の明太子和え
    いちじくの揚げだし
    豚肉の大葉はさみ焼き
    かつおのにんにく味噌焼き
    鮭の千草焼き
    同じカテゴリー(過去のお教室のメ二ュー)の記事
     たこと茄子の梅酢和え (2018-07-21 16:46)
     茄子の明太子和え (2018-07-14 17:38)
     いちじくの揚げだし (2018-07-08 15:35)
     豚肉の大葉はさみ焼き (2018-06-05 15:55)
     かつおのにんにく味噌焼き (2018-05-07 12:59)
     鮭の千草焼き (2018-04-02 17:04)

    Posted by cooking  at 22:58 │Comments(0)過去のお教室のメ二ュー

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    蒸しずし
      コメント(0)