たまりば

  グルメ・料理 グルメ・料理  調布市 調布市


2018年03月03日

お雛祭り



















今日は、おひなまつりです!

行事、そして行事にまつわる料理は、

いつまでも、思い出に残るものですよね。

雛祭りに欠かせないのが

ちらしずし、

はまぐりのお吸い物、

それに、桜餅です。

おすしは、季節と関係ないようですが

少し暖かくなる、この季節の料理です。

美味しく作るコツは、やはりすし飯にあります。

水加減を、普通に炊く時よりやや少なめにして

10分ほど蒸らします。

半切り(すしを混ぜる桶です。)に、一気にあけ

寿司酢を手早く切るように混ぜます。

すし飯が、重くなれば酢が行き渡ってます。

ここで、うちわで人肌程度に冷まします。

あとは、お好みの具を作りちらして出来上がりです。

(注)半切りは、木製のすしを混ぜる専用の桶です。

桶を、半分に切ってあるので半切りと言います。

木製ですと、温かいご飯からでる水分を適当に吸収してくれますので

すし飯が、ベタベタに仕上がりません。

もしも、ない場合はできるだけ大きなボールだとか

バットを、利用する方法もあります。

でも、よく作る方は、この半切りの方が

だんぜん、使い勝手がいいです。

写真は、えび、錦糸たまご、



干し椎茸の甘く煮たもの

れんこんの茹でて甘酢につけたもの

桜でんぶ、いくら

などです。

組みあわせは、お好みですが

味のバランスを考えながら

そして彩りよく作ると

このお雛祭りに、ふさわしいメ二ューになります。

お吸いものは、はまぐり、菜の花、うど、木の芽を

吸い口にしました。



  • Posted by cooking  at 17:11 │Comments(0)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    お雛祭り
      コメント(0)