たまりば

  グルメ・料理 グルメ・料理  調布市 調布市


2018年12月13日

若鶏の保存漬け



早、今日は12月13日です。

クリスマス、お正月となにかと人の集うこの時期

作り置きのできるおかずは、あまり忙しくない時に準備しておくと

来客用でなく、普段いただく料理としても

重宝します。

これは、鶏のももを一担、グリルで焼き

さらに油で揚げ

三杯酢に漬けたものです。

鶏は、厚みを開きすじのところを包丁のきっ先で

切ります。

これは、加熱するとそり返るのを防ぐためです。

そうして、強火のグリルで7~8部通り焼きます。

あとで、揚げるので完全に火を通す必要はありません。

続いて油を180~190度にして

この鶏を、そのまま素揚げにします。

この時、肉汁がでていたらキッチンぺーパーで

よく抑えます。

跳ねるとやけどのもとですので。

熱いうちに、油をよく切り、酢1/2カップ、しょうゆ大さじ2、砂糖小さじ1

を、合わせた中に漬けます。

お好みで赤トウガラシを、くわえます。

食べる時に、一口大に切ります。

だいたいもも肉1枚で2人分が目やすです。

おつまみでだすなら、4人分ぐらいでしょうか?

ただ、揚げたのとは異なり味わいのある鶏料理です。

残った漬け汁は、パスタなどの麺類の味つけ

酢の物のあわせ酢として、利用できます。



  • Posted by cooking  at 11:43 │Comments(0)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    若鶏の保存漬け
      コメント(0)